FUJIKO

PROFILE

PROFILE

2012年のEXILEのツアーを皮切りに、久保田利伸、SMAP、JUJU、倖田來未、山下智久、ケツメイシ、AKB48、Michael jackson tribute live japanなど名だたるアーティストの全国ツアー、ミュージックビデオに専属ダンサーとして参加。ケントモリのアシスタントも務め、トップダンサーとして活動する傍ら、モデルとしても活躍。
2017年に渡米後は、Chris Brown, Gucci mane, Enrique iglesias, LegionなどMUSIC VIDEO,TVドラマでダンサーとして活躍していたが、アメリカで新たに始めた音楽活動に夢中になる。歌詞の意味がわからなくても洋楽を大好きになった自身の経験から、’’意味がわからくても人は耳からトリコになれる’’をモットーに音楽制作をしている。彼女の楽曲は50%以上日本語のリリックであり、NEO TOKYOカルチャーをレペゼンしたアニメ声に、EDM, DANCE MUSICの要素を取り入れた全く新しいジャンルである。
自身初のMUSIC VIDEOである ’’Yellow Shake’’ では、脚本、演出、監督、振り付けまで全て本人が手掛ける。

MOVIE

INFORMATION